トップページ > 【改善事例】心身ともに不安定な精神科の先生

【改善事例】心身ともに不安定な精神科の先生

29歳 女性 東京都 新宿区

主訴

首肩こり 精神的なアップダウン イライラ 耳鳴り 腰痛 カゼ    

症状

8年来の古い患者さん。

来院当時、一番の訴えは首肩こり。首が重苦しい感じ。

中学、高校ぐらいから肩こりを感じていた。ひどい時は頭痛になる事も。お風呂や揉んだりすると軽減。

3日前に馬に乗って股関節を痛めたが今は問題ない。

先月に二週間ほど右下腹が痛くなった。

以前、骨盤内腹膜炎になったことがある。

治療

首肩を直接的に緩めるための治療を中心におこなった。

右腹部に直接アプローチした。

経過

一回目の治療は知人に連れられての来院だった。

まだ精神科医であることも打ち明けられず、様子見的な来院だった。

治療後、半年ほどは音沙汰なく、来院もなかった。

半年後に来院した二回目の治療から、精神科医であることのカミングアウト。

精神的に病んでいる患者さん達を相手にしていることで、自身も気持ちが落ち込んだり、不安定になると打ち明けられる。

朝起きられず、午前に元気がない。仕事もずっと休んでいる。夜寝つきが悪い。

などを訴えていた。

4年にも一度同じような症状になり、3ヶ月ほど服薬をしていた。

治療は瘀血、心包の問題、椎骨脳底動脈の問題などに対して行った。

実際に使ったツボは、中封 三陰交 陰陵泉 曲沢 間使 滑肉門 百会 崑崙etcなどを使った。

二回目の治療後、状態はかなり改善。

その後、三ヶ月間、月に一回程度来院し、同様の治療を継続。

気持ちは大分落ち着いてくるようになる。

それからは、不定期で月に一回、二ヶ月に一回程度のペースで来院。

その時々で、肩こり、腰痛、耳鳴り、風邪などさまざまな症状に対処しつつ、メンタルの状態も維持するようにサポートしていった。

風邪っぽいことが多いので、免疫を高めるツボにお灸をすることで対処することも多い。

また、耳鳴りが起こる事も多く、その都度耳の治療もしている。

そのようなペースで、現在に至るまで8年間通われている。

精神科医だって人間

この精神科の先生は、東京でクリニックを開業しています。

地元が群馬で、馬を持っているので、頻繁に群馬に帰ってきます。

その時に、大成堂に来院します。

色々な体の症状と、気持ちのアップダウンに対処しています。

来院当初、一番の問題だったのはメンタルでした。

精神科医として働いている中で、患者さんに罵倒されたり、殴られたりといろいろあったようです。

それでメンタル的にもダメージを受けていました。

医師も人間なのです。

初期の治療で、その時のダメージからは復活しました。

その後は、仕事で忙しい時や、嫌なことがあった時、またバイオリズムが狂った時などに気持ちにアップダウンがあるので、体を緩めることで精神的安定をさせる目的で現在も治療を継続しています。

tokutennew

大成堂までの道のり

順路1

イトーヨーカドー伊勢崎店の正面玄関を背にし、
道の向いの「こんぴらうどん」様のわきの細い道を入っていきます。

順路1

順路2

少し進むと道が二手に分かれていますので、に進みます。

順路2

順路3

すぐに小さな十字路がありますので、そこをにまがります。

順路3

GOAL!

すると、右手に大成堂の看板が見えてきます。

GOAL

大きな地図で見る

res