トップページ > 【改善事例】ストレスで強くなる首肩腕のしびれ、痛み40代男性

【改善事例】ストレスで強くなる首肩腕のしびれ、痛み40代男性

41歳 男性 群馬県 伊勢崎市

主訴

左首、肩、腕にかけての痛みやしびれ 

症状

15年前より、左首、肩、腕にかけて、時々痛みやしびれを感じるようになっていた。

パソコンで徹夜したり、精神的なプレッシャーによるストレスなどで痛みやしびれが強くなっていた。

今回は半月前から強くなる。

職場でいそぎの仕事があって忙しく、精神的プレッシャーが強かった。

また、職場の人間関係にもトラブルがあり、それもストレスとなっていた。

そんな状況の中、いつもの左首から肩、腕にかけて痛みやしびれを強く感じるようになった。

今までは1~2日ほどで軽くなっていたが、今回は半月も続いているので、どうにかしたいと思い来院した。

左目の奥が痛い。

30代前半にうつ病と診断された。

同時期に橋本病とも診断された。

30代後半にアレルギー性喘息と診断される。

治療

週一回のペースで治療をスタート。

首に問題があるので、その問題を改善するためのツボを中心に使用した。

また、ストレスと東洋医学の五臓の中のには密接な関係があり、ストレスがこの患者さんの症状を増悪させているので、それを取り除くためにのツボを使用。

実際に使用したツボは、太衝 中封 陰陵泉 上四瀆 曲池 滑肉門

経過

一回目の治療後、腕のしびれはなくなった。痛み止めも使用しないで済む。

二回目の治療で、初診時10→4程度になる。

三回目の治療で、初診時10→2に。

順調に改善していたが、五回目の治療の前の週に、会社でいろいろとあり(昔トラウマとなった部署に関わることがあった)症状がぶり返した。

五回の治療で、状態は10→2~3程度に保たれている。

その後も、更なる状態の改善とメンテナンスを兼ねて、同様に週一回のペースで五回の治療をおこない、その後は二週に一回の治療間隔に広げ、同様の治療をおこなっていった。

肩こり、肩甲骨のこり、腰の痛みなど、その時々の状態に合わせての治療、

また、職場で強いストレスを感じた時は症状がぶり返すこともあり、その時はその症状に対処していった。

4ヶ月が過ぎたところで、月一回の治療間隔に広げた。

その後半年で、症状は落ち着いてきたので略治とした。

ストレスと体の関係

この患者さんはメンタル的な弱さをもっている方で、またうつとも診断されています。

会社でトラウマとなることがあり(具体的な内容は聞いていない)、それを引きずっているとともに、それが体の症状にもつながっている状態であった。

ストレスによって精神的な緊張状態が生れると、無意識的に体の緊張状態も生まれてきてしまいます。

それによって、さまざまな体の症状につながって行きます。

この患者さんは、左の首や肩にもともと問題があったのでしょう。

一番弱い部分に影響が出やすいものです。

東洋医学では、体の中で弱っているところがあれば、そこに症状が発生するという意味の言葉があります。

このため、左の首肩を緩めることが一番のメインの治療となりました。

また、肝とストレスとの関係を東洋医学では重視しているので、肝の治療と合わせておこなっていきました。

tokutennew

大成堂までの道のり

順路1

イトーヨーカドー伊勢崎店の正面玄関を背にし、
道の向いの「こんぴらうどん」様のわきの細い道を入っていきます。

順路1

順路2

少し進むと道が二手に分かれていますので、に進みます。

順路2

順路3

すぐに小さな十字路がありますので、そこをにまがります。

順路3

GOAL!

すると、右手に大成堂の看板が見えてきます。

GOAL

大きな地図で見る

res