トップページ > 【改善事例】首肩こり、手根管症候群、腱鞘炎に悩む50代更年期の女性

【改善事例】首肩こり、手根管症候群、腱鞘炎に悩む50代更年期の女性

52歳 女性 群馬県 前橋市

主訴

首肩こり 手根管症候群 腱鞘炎  

症状

左首肩の痛み。こりが強くなりすぎたような感じ。

以前は両方の肩こりがあったが、現在は左が強くなってしまった。

右肩は半年前に痛くなり、リハビリやストレッチで対処した。

両手の手根管症候群。一年前に右手、その四か月後に左手を手術した。

手術をして指先のしびれは軽減したが、手術痕の手首の痛みがある。

左拇指腱鞘炎の痛みがある。

家事やパソコンで痛みが強くなる。

左卵巣嚢腫の手術。

昔から生理不順だった。

治療

週に一回のペースで治療をスタートした。

瘀血、扁桃弱体、卵巣、副腎疲労、骨盤内血流不全などの状態が見受けられ、それぞれに対応するツボを使用した。

使用したツボは、中封 曲池 陰陵泉 復溜 帯脈 次髎 環跳etc

経過

一回目の治療後、肩の痛みは10→8程度に軽減。

二回目の治療後、日によって痛みが非常に楽のときもあれば、痛みがまだ強い時もある。

五回の治療後、肩は10→2ほどに。

その後仕事を始め、また肩の調子が悪くなる。

同様の治療を継続して更に六回おこなった。

基本的に、治療後は楽になり、辛い時は自宅でのお灸も継続してしのいでいた。

改善傾向ではあったが、一進一退の状態が続いていたある日、この患者さんから電話がある。

大雪が降った時に転倒して両手を骨折してしまい入院してしまったとのこと。

仕切り直しで治療を再開

両手骨折で入院してから二ヶ月後に治療を再開。

左は肘、右は手首の骨折だった。

骨折自体は既に治っていたが、このことにより手根管の痛みが強くなってしまった。

今までの肩や手根管、腱鞘炎の治療に加え、骨折後のケアも加えていった。

扁桃弱体、卵巣、副腎疲労、骨盤内血流不全に加えて、腱の状態を良くするためのツボも同時に使っていった。

週に一回のペースで半年ほど治療を継続していき、骨折の後遺症はほとんど問題なくなる。

完全にすべてが良くなるところまではいかず、治療や自宅でのセルフ灸を継続していくなかで、肩こり、腱鞘炎、手根管手術の後遺症など一定のラインで保っていられる状態だった。

ある程度の体の状態になり、いままで辞めていた仕事を、新たに探して就職することとなった。

実際にいただいた声です

tomakoe

tokutennew

大成堂までの道のり

順路1

イトーヨーカドー伊勢崎店の正面玄関を背にし、
道の向いの「こんぴらうどん」様のわきの細い道を入っていきます。

順路1

順路2

少し進むと道が二手に分かれていますので、に進みます。

順路2

順路3

すぐに小さな十字路がありますので、そこをにまがります。

順路3

GOAL!

すると、右手に大成堂の看板が見えてきます。

GOAL

大きな地図で見る

res