トップページ > 院長プロフィール

大成堂中医針灸院 院長プロフィール

初めまして!
大成堂中医針灸院 院長の藤田勇です。

鍼灸治療は、人対人の要素が強い治療です。いくら高い技術があっても、人間としての相性というものが重要になってきます。

そこで、ここでは、私自身のことをできるだけ知ってもらいたいと思い、できるだけ詳しく、正直に自分のことを書いてみたいと思います。

小さい時から健康おたく

院長

小学生の時は肥満児で、
野球の好きな少年でした。

健康に関心をもつ変わったところがあり、たばこやお酒は身体に悪いと、声を大にして親に言っていた記憶があります。

中学生になって野球部に入ると、急速に痩せ始め、運動神経が良くなりました。

マラソン大会では、小学生の時にはいつもビリから2、3番でしたが、中学生になると、前から10位以内になり、同級生を驚かせたことがありました。

人生を決めた瞬間

ミステリー雑誌

中学二年の時でした。

近所の良く行く本屋で、たまたま手に取った雑誌に
気功の記事が載っていました。

その雑誌を読んだ時に、私の運命は決まってしまったのでした。

当時(今から四半世紀前)、気功はまだ全く知名度のない存在でしたが、その記事にあった、気を使って触れずに病気を治す人達のことが、私にはとても印象強く、心に残ったのでした。

そんな世界があるのかと驚いた私は、そのような人に自分もなりたいと思い、すっかり「気の世界」に魅了されてしまいました。

仙人から鍼灸師へ

仙人

気の世界に魅了された私は、気について書かれた本を読むようになり、その中の一冊に、「仙人になる方法」という本がありました。

仙人とは気の使い手で、気功とは仙人になる修行からできたものだと、書かれていました。

それを読んだ私は、本気で仙人になりたいと思ようになっていました。

その後、高校生になって自分の進路を考た時、気の医療の使い手である鍼灸師という職業に自然にたどりつくこととなったのです。

鍼灸の専門学校に入って、思う存分、気の世界に浸りたいと考えるようになりました。

しかし、人生はそんなに甘くはありませんでした。
当時、鍼灸の学校は、現在とは違ってかなりの狭き門でした。

落第し、浪人の身となってしまいました。

しかし一年後、今年こそはと臨んだ試験でも、またもや不合格。

さて、どうしたものかと考え、本場の中国に行こうという結論になりました。
それならまずは中国語の勉強だと、中国語の専門学校に入学しました。

学校で中国語の勉強をしながら、アルバイトをして留学費用を貯め、中国の大地に思いを馳せていたのでした。

中国での太極拳修行

中国修行

中国語の専門学校を卒業した後、北京に語学留学をしました。

一番の目的は、気功を修行をすることです。

北京には、日本でも名の知られた気功の先生がいて、その先生に気功を習おうと決めていました。

ところが、です。
お目当ての先生を訪ねていくと、アメリカに行ってしまっていました。
しかも、もう帰ってこないだろうと言うではありませんか。

失意の中、これからの留学期間をどう過ごそうかと悩みました。

中国修行

そんな時です。

張偉一という老師とめぐり会い、ひょんなことから陳式太極拳を習うことになりました。

張老師は、文革の時代に紅衛兵と戦った経験のある猛者で、脇腹の刀傷を見せてもらったことがありました。

学校の授業は午前中のみだったので、その他は、明けても暮れても太極拳という生活を二年間過ごしました。

鍼灸師への道リターンズ

二年間の留学期間を終えて日本に帰って来ると、浦島太郎状態でした。
留学前はバブル景気の絶頂だったのが、見事にはじけています。

せっかく留学までしたのだから、中国語を使った仕事をしたいと思っても就職口がありませんでした。

その時です、それまで胸の中にくすぶり続けていた、鍼灸師への道に対する思いが再燃したのでした。

その当時も、まだ狭き門には変わりありませんでしたが、ラストチャンスだと思って目指すことにしたのです。

一年間の準備をして、受験に挑むことにしました。

思考は現実化する

マーフィー

今までに、何度も鍼灸学校の受験に失敗をしていたので、一年間の準備をしても、合格できる自信がありませんでした。

その時にジョセフ・マーフィー博士の本に出会ったのです。

それは、思いは現実化するという内容で、潜在意識に働きかけて、願望に向かって努力を重ねていくと、必ず(ここが重要!)実現するというものでした。

はじめは半信半疑でしたが、どうしても受験に合格したい一心で、本に書いてあることを実践してみることにしました。

必ず合格すると強く思いながら受験勉強を続け、一年後、運命の時がやってきました。

今まで、何度も何度も受験に失敗していて、鍼灸学校の受験に合格することは、私にとって、とても大きな壁として立ちはだかっていました。

でも、マーフィー博士の教えを信じ、実践したことで、なんとも、すんなりと合格をしてしまいました。

この時、私は心と物質世界の関連性に目覚めたような気がします。

今ふり返ると、このことを通じて、
私は、治療家として患者さんの身体にだけ目を向けるのではなく、
患者さんの心のあり方も重視するきっかけになったのだと思うのです。

大成堂中医針灸院 院長プロフィール2

夢にまで見た鍼灸師への道です。学校も授業も楽しくてしかたありませんでした。
それまでの学生人生で、一番勉強に没頭した時期かも知れません。

そして三年後、国家試験に合格し、晴れて鍼灸師になったのでした。

めでたしめでたし・・・ではなかった!
ここから、鍼灸臨床家としての道がスタートしたのです。

現在、鍼灸師となって10数年。
ここまでの道のりにも、さらに、さまざまな紆余曲折がありました。

このパート2では、そのお話しをしたいと思います。

鍼灸師になって

Coming Soon:今しばらくお待ちください!

大成堂中医針灸院 院長の経歴

群馬県立伊勢崎東高校卒業。
アジア・アフリカ語学院・中国語学科入学。
卒業後、北京師範大学に語学留学。

帰国後、東京衛生学園・東洋医療総合学科に入学。
平成10年、はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ・指圧師の
国家資格を取得。

その後、東京衛生学園・臨床教育専攻科に入学、教員資格を取得。
東京、埼玉の治療院での臨床を経て、
平成14年より、天津中医学院へ留学。
主に中医針灸手技を学ぶ。

平成16年、大成堂中医針灸院を開院。

平成17年~22年 自治医科大学麻酔科鍼灸外来を担当。
平成17年~    日本医科大学東洋医学科鍼灸外来を担当。

国家資格・鍼灸あん摩マッサージ指圧師
鍼灸あん摩マッサージ指圧師養成学校教員資格
後藤学園中医学研究所・客員研究員
米国NLP協会認定プラクティショナー

所属

全日本鍼灸学会
日本中医学会
日本統合医療学会
日本東洋医学会
NPO全国鍼灸マッサージ協会

お問い合わせ