トップページ > 剛の鍼灸(大成堂の裏メニュー)

大成堂の裏メニュー

剛(刺激の強い)の鍼灸

大成堂には最後の砦(とりで)と言われる治療があります。
それが剛(刺激の強い)の鍼灸です。

大成堂の基本治療は、柔(優しい刺激)の鍼灸です。

ほとんどの方は、その基本治療で良いのですが、
中にはそれでは効果が出ない方もいます。

そのような場合に、この剛の鍼灸が抜群の効果を見せてくれます

剛の鍼灸では、太い鍼や大きなモグサを使用します。
その刺激の強さから、一般的な治療院では行われていません。

群馬では、大成堂でしか受ける事の出来ない治療です。

人体にはさまざまなタイプがあり、
強い刺激の鍼灸が向かないタイプの人もいれば、
向いているタイプの人もいます。

この剛の鍼灸は、強い刺激のため、
誰もが受けられるものではありません。

そのため本気で治したいという方に対してのみ
提供させていただいています。

剛の鍼

  • 大腰筋刺鍼

 大腰筋は、身体の深部にあるコアマッスルです。

 

 腰痛にもさまざまな種類があり、腰の表面にある筋肉が原因の腰痛もあれば、
 深部の筋肉が原因の腰痛もあります。

 大腰筋のような深部の筋肉が原因の場合、短い鍼では届きません。

 そこで必要になってくるのが三寸鍼(約10㎝)です。


 
 (一般的な鍼と比べると、その長さがわかると思います)

 この長い鍼を使うことで、身体の深部にある大腰筋に鍼が届くのです。

 三寸鍼を使った鍼治療をできる治療院は、あまり多くありません。

 なぜなら、解剖学的知識がしっかりとしていて、
 鍼の技術も高くないと、この大腰筋刺鍼はできないからです。

  • 首鍼(くびバリ)

    首の治療は、大成堂が得意とするところです。
   
    本来は、優しい刺激の鍼(柔の鍼:長野式キー子スタイル)で
    首を充分ゆるめることができます。
 
    しかし、柔の鍼では容易にゆるまない程、首の状態が悪い方がいます。
 
    その場合に、この首鍼は威力を発揮します。

    首鍼の特徴は、首に深く鍼を刺すことです。

    また首鍼では、数本の鍼を刺すのみの場合もあれば、

    

    数十本の鍼を刺す場合もあります。

    

    この首鍼も、大腰筋刺鍼とおなじで、一般の鍼灸院では行われていません。

    首は危険な部位でもあるので、やはりしっかりとした解剖学的知識と、
    確かな鍼の技術が必要となってくるからです。

  • 盤龍鍼(ばんりゅうしん)

    盤龍鍼は、中国でよく行われる鍼の治療法です。

    背骨の両脇に鍼を刺していくのですが、
    刺した後の鍼の様子が、龍がうねっている姿に似ているため、
    この名前がつきました。

    背骨の横にズラッと鍼を刺します。

    背骨の横のところには、
    交感神経節と呼ばれる自律神経に関連のある器官があります。

    このため盤龍鍼は、背中の筋肉を緩めるだけでなく、
    自律神経への刺激もでき、
    さまざまな自律神経による症状の改善を期待できます。
    

  • 群鍼(ぐんしん)

    群鍼は、痛みの原因となっている筋肉がはっきりと分かっている時に、
    よく活用します。

    痛みの原因の筋肉に、鍼を何十本と刺します。

    

    こうすることで、普通では考えられないほどの、
    筋肉のゆるみをもたらしてくれるのです。
    

剛の灸

  • 風邪の一年灸

 このお灸は、埼玉のとある地域でおこなわれていて、
 
 このお灸をすることで、

 扁桃腺の腫れがすぐに引いた
 高熱が一日で下がったとか
 一年は風邪をひかない


 といった評判のお灸で、
 全国から評判を聞きつけて、多くの人が受けに来ています。
 
 このお灸を大成堂のメニューに加えるようになったきっかけですが、

 大成堂の近所に住んでいる方で、
 毎年、埼玉までお灸を受けに通っていた方がいました。

 ひょんなことから、その方が大成堂に来院され、
 「同じようにお灸ができないでしょうか?」と言われたのです。

 どんなことをされたか詳しく教えてもらい、
 また、お灸の痕があったので、ツボの位置も分かりました。
 (あ!今、痕がつくのか~と思いましたね!)

 こうして、大成堂に新たなメニューが加わったのでした。

お問い合わせ